インタビュー《フォルティッシモ》Kyash 鷹取 真一 社長

社会のインフラたるデジタルバンクを目指す

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

フィンテック業界でパイオニアといえる2015年創業のKyash(キャッシュ)。事業の柱は、個人向けに発行しているVISAプリペイドカードだ。20~30代を中心に少額かつ多頻度で、オンライン・オフライン決済ともに使われている。3月に発表した49億円の資金調達には、米決済大手ブロック(旧スクエア)が投資家として名を連ね、業界内外で話題を呼んだ。「日本のリテールバンキングはグローバルで周回遅れ」と語る鷹取真一社長は、社会のインフラとなる「デジタルバンク」に名乗りを上げる。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

たかとり しんいち
早稲田大学国際教養学部卒、三井住友銀行入行。 法人営業を経て、経営企画にて海外拠点設立や、金融機関との提携戦略担当として国内外の銀行モデルを研究。13年米系戦略コンサルファームに転籍し、日米拠点にてB to C向け新規事業に携わる。15年Kyashを創業し、現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。