特集コロナ財政の帰趨

日本にはまだ38兆円の需要拡大余地がある

〈インタビュー〉日本の財政政策は「栄養失調なのに肥満を恐れている」状態

第一生命経済研究所 首席エコノミスト / 永濱 利廣

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

政府債務残高だけを捉えて議論することに意味はなく、日本は財政危機とはいえない。政府が国債を発行して支出すれば必ず同額が資産になるため、債務のみを見ることは誤りだ。インフレ率が財政の予算制約であり、GDPギャップがマイナス5%であることからすると、2%に到達するまで38兆円の需要拡大余地がある。日本は「栄養失調なのに肥満を恐れている」状態であり、今の財政政策では国が窮乏化の一途をたどるであろう。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ながはま としひろ
95年早稲田大学理工学部卒、05年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。95年第一生命保険入社。日本経済研究センター出向を経て、第一生命経済研究所経済調査部に復帰。 研究員、主任エコノミストを経て、08年主席エコノミスト。16年から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。