談論風発秋田銀行 新谷 明弘 頭取

地域の課題解決をビジネスにつなげ自らも成長を果たす

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

昨年10月に岩手銀行と包括業務提携で合意し、「秋田・岩手アライアンス」を発表した。トップラインを伸ばすことをアライアンスの主眼としており、経営統合を視野に入れたものではない。少子高齢化が進む秋田県は、経済・社会においてさまざまな課題を抱えている。アライアンスを通じて経営のレベルを引き上げていくとともに、当行が地域の課題を解決するサービスを展開し、それをビジネスにつなげることでわれわれ自身も成長を図る。地域価値の共創をキーワードに、さまざまな事業を展開していく。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

あらや あきひろ
77年東北大学経済学部卒、秋田銀行入行。05年執行役員本店営業部長、07年取締役執行役員経営企画部長、10年常務、13年代表取締役専務、16年代表取締役副頭取、17年から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】