インタビュー

過去最高益へ、表れつつあるMUFGの改革の成果

三菱UFJフィナンシャル・グループ 社長 / 亀澤 宏規

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2022年3月期決算で当期純利益が過去最高の1兆500億円となる見通しの三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)で、経営効率の改善など近年の改革の成果が表れつつある。一方で、デジタル化への対応や50年カーボンニュートラルに向けた取り組みは待ったなしだ。亀澤宏規社長に今後の経営戦略を聞いた。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

かめざわ ひろのり
84年東京大学理学部卒、86年東京大学大学院理学系修士課程修了、三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行。14年MUFG常務執行役員米州副担当、16年グループCDO、17年執行役常務グループCIO兼グループCDTO、18年執行役専務、19年副社長グループCOO兼グループCDTO。20年4月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。