特集非金融を組み込む銀行ビジネス

協同組織金融機関でも可能になった子会社としての「地域商社」

信金・信組が「総合サービス業」へと変貌する可能性

農林中金総合研究所 主任研究員 / 古江 晋也

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2021年11月の改正銀行法等の施行により、協同組織金融機関でも銀行同様に幅広い銀行業高度化等会社を立ち上げることができるようになった(注)。なかでも、地域に密着する協同組織金融機関には、取引先の販路拡大を支援できる地域商社がなじむ可能性が高い。以前から、銀行業高度化等会社の枠組みを使わずに地域商社事業に携わってきた協同組織金融機関もあり、ニーズは高いと考えられるためである。本稿では、協同組織金融機関における銀行業高度化等会社を活用した地域商社設立の可能性を考えてみたい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ふるえ しんや
04年農林中金総合研究所入社。調査第二部、農林中央金庫出向、調査第一部を経て、15年から調査第二部。国内外の地域金融機関の経営戦略の調査研究に従事。本誌連載「隣の金融機関」を執筆している。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】