特集SBI&新生銀行の前途

「同意なきTOB」が浮き彫りにした多くの論点

SBI&政府の合算議決権比率3分の2超で描きやすくなった公的資金の返済スキーム
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

SBIグループによる新生銀行への同意なきTOBは、多くの論点を浮き彫りにした。「少数株主の意思を示すはずだった臨時株主総会の取りやめ」「同意を得ることなく銀行の経営権の取得を目指せる可能性」「新生銀行に残る公的資金返済への道筋」──。銀行業界が固唾を飲んで見守った今回のTOBから見えてきた銀行業界・資本市場への示唆と、今後の展望を概観する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】