解説KINZAIリポート

逆風下だからこそスタートしたアイフル「新事業」の勝算

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

近年、募集した資金が目的外に流用されるなどの不祥事が相次いでいるソーシャルレンディング業界。なかでも今年明るみになったSBIソーシャルレンディングの事件は記憶に新しい。だが、そうした逆風が吹き荒れるなか、消費者金融会社のアイフルは9月3日、100%子会社「AGクラウドファンディング」を設立してソーシャルレンディングに参入した。業界そのものの存在意義すら問われるなか、果たしてアイフルに勝算はあるのか──。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】