特集最新報告 CBDC実証実験

民間決済インフラとCBDCの連携に向けて乗り越えるべき課題

円の信認確保と利便性向上にオールジャパンで取り組め

フューチャー 取締役/デジタル通貨フォーラム 座長 / 山岡 浩巳

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

中央銀行デジタル通貨(CBDC)が仮に発行されるとしても、効率的な資金配分やイノベーションの促進、多様なビジネスニーズへの対応、マネロン対策などの要請を踏まえれば、民間決済インフラとの連携は不可決だ。これからの決済インフラは、民間サービスと公共サービスの適切な組み合わせも含め、「その時々で利用可能な技術に基づく、経済社会にとって望ましいインフラの在り方」という大きな視野からデザインされるべきである。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

やまおか ひろみ
東大法学部卒、カリフォルニア大バークレー校法律学修士。ニューヨーク州弁護士。IMF日本理事代理、バーゼル銀行監督委員会委員、日本銀行金融市場局長、同決済機構局長などを経て現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。