特集最新報告 CBDC実証実験

実証実験を着実に進め、日本が国際的議論を主導する

〈インタビュー〉民間決済手段の相互運用性を高めるため「垂直的共存」を図る

日本銀行 決済機構局 局長 / 神山 一成

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本銀行は現段階で中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を決定していないが、必要な時にいつでも発行できるよう準備を進めており、2021年4月からは実証実験も開始した。10月15日に開催された第2回「中央銀行デジタル通貨に関する連絡協議会」では、CBDCの基本機能を検証する第1段階の実験が順調に進捗していると報告された。来春からは、民間決済システムとの連携など周辺機能を検証する第2段階へと移行する。第1段階の実証実験から見えてきた成果や課題などについて、日銀決済機構局の神山一成局長に聞いた。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

かみやま かずしげ
東京大学経済学部卒、17年米州統括役ニューヨーク事務所長、19年調査統計局長を経て20年から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】