新聞の盲点

クールジャパン機構に積み上がる巨額損失、高額経費も一因に

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

官民ファンドのクールジャパン機構が累積損失を拡大させている。同機構は投資の失敗で損失を膨らませているほか、六本木ヒルズへの入居など高コストな運営実態も加わり、2021年3月期の累積損失は231億円に上る。6月に新社長を迎え、5月に策定した改善計画の実現に向けてかじを切るが、累積黒字への転換は容易ではない。出資金のうち約113億円を毀損することになる農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)の二の舞となれば、政府への批判も免れない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】