特集「生産性向上」の真贋

中小企業を標的にした生産性向上策は「魔女狩り」にすぎない

都市部大企業の労働生産性が高いのは中小企業が支えているから

フロンティア・マネジメント 代表 / 松岡 真宏

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

中小企業の生産性向上や淘汰・再編に関する議論が注目されているが、日本は中小企業が多い国ではない。すでに過去20年で中小企業の数は大きく減少しており、さらなる淘汰が必要とも思えない。また、併せて開業を増加させようとする施策についても、単なる個人企業の増加につながりかねない。中小企業が労働生産性の低い事業を引き受けているからこそ、都市部の大企業の生産性が維持されている。生産性向上を掲げて中小企業を「魔女狩り」の標的にすべきではない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

まつおか まさひろ
国内外の証券会社でアナリストとして活動後、産業再生機構入社。カネボウやダイエーの再生計画立案や実行を担当。07年フロンティア・マネジメントを設立し、代表取締役に就任。コンサルティングやM&Aを手掛ける同社は、20年に東証一部上場。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】●サーバーのOSアップデートを伴うメンテナンスのため、下記の期間、当サイトの閲覧ができなくなります。皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    11/2(火)午前0時~午前10時

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】●サーバーのOSアップデートを伴うメンテナンスのため、下記の期間、当サイトの閲覧ができなくなります。皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    11/2(火)午前0時~午前10時

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング