新聞の盲点

SBIホールディングスがTOB後に目論むシナリオの続き

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

SBIホールディングス(HD)は9月9日、新生銀行の同意なしに株式の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け期間は9月10日から10月25日まで。出資比率を48%まで高め、連結子会社化を目指す。SBI証券と新生銀行をグループの中核的企業と位置付け、第4のメガバンク構想を本格化させる狙いだ。もっとも、SBIが描くシナリオはこれで終わりではなさそうだ。銀行持株会社化、さらには新生銀行の非上場化まで視野に入れている可能性がある。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】●サーバーのOSアップデートを伴うメンテナンスのため、下記の期間、当サイトの閲覧ができなくなります。皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    11/2(火)午前0時~午前10時

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】●サーバーのOSアップデートを伴うメンテナンスのため、下記の期間、当サイトの閲覧ができなくなります。皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    11/2(火)午前0時~午前10時

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング