特集脱炭素革命、立ち向かう日本

分かりやすく解説! 気候変動リスクのグローバル規制と各国動向

あずさ監査法人 金融統轄事業部 兼 サステナブルバリュー本部 公認会計士 / 加藤 俊治

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

昨年10月の菅義偉首相による2050年までのカーボンニュートラル宣言、今年4月の気候サミットなどを経て、脱炭素社会の実現に向けた動きが盛り上がりを見せている。それとともに、各国地域でグリーン規制の整備も進んでいる。本稿では、気候変動リスクのグローバルな規制と各国の動向を分かりやすく解説していく。なお、本稿の意見等は執筆者の個人的見解であり、当法人の公式見解ではない。文中の誤り・表現についてはすべて執筆者の責任に帰する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

かとう しゅんじ
早稲田大学政治経済学部政治学科卒。都市銀行を経て、99年朝日監査法人(現あずさ監査法人)に入所。金融規制、サステナビリティー、TCFD等のアドバイザリーに従事。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】