解説

企業の脱炭素化を促すトランジションファイナンス基本指針

着実な排出削減を評価する仕組み

金融庁 総合政策局総合政策課 サステナブルファイナンス推進室 室長補佐 / 小崎 亜依子

経済産業省 産業技術環境局 環境政策課環境経済室 室長補佐 / 小川 幹子

環境省 大臣官房環境経済課 環境金融推進室 課長補佐 / 今井 亮介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2020年10月、菅義偉首相は国内の温室効果ガス(GHG)の排出量を50年までに実質ゼロ(カーボンニュートラル)とする方針を表明し、今年4月には30年度におけるGHG排出削減目標の引き上げを表明した。カーボンニュートラルの実現には、産業構造の転換も伴うことから、経済、産業、社会全般の変革・発展に累次に取り組む必要がある。こうしたなか、金融庁、経済産業省、環境省は5月7日、企業の脱炭素化の取り組みを資金面から支援しやすくする手引きとして、「クライメート・トランジション・ファイナンスに関する基本指針」を策定した。本稿では、その概要を解説する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング