解説

地方銀行の2021年3月期決算分析

通期減益もコロナ影響は軽微、企業債務への対応が中期的課題に

野村証券 エクイティ・リサーチ部 パンアジア銀行・金融リサーチヘッド / 高宮 健

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2021年3月期の上場地銀決算は、第3四半期決算(3Q)までの流れを引き継ぎ、新型コロナウイルスによる影響は期初の想定よりも軽微にとどまり、会社計画対比で健闘した。顧客部門関連収益についても、資金利益、役務利益について四半期ごとにモメンタムが改善した。短中期的には与信費用を筆頭に、引き続きコロナによる影響がどの程度及ぶかに注目が集まろう。政府や金融当局による経営基盤強化の諸施策が地銀業界に競争を促すかにも注視が必要である。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

たかみや けん
92年慶應義塾大学法学部卒業、同年東京銀行入行(横浜支店配属)。スペイン留学(サラマンカ大学、バルセロナ大学)・勤務などを経て、00年に野村アセットマネジメント入社、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券、みずほ証券を経て、09年に野村証券入社。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング