解説

米アルケゴス破綻の衝撃と金融規制上の課題

規制の抜け穴を見過ごし、リスク管理をおろそかにするな

金融ジャーナリスト / 岩川 知樹

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

3月27日(現地時間26日)、突如複数の米株式銘柄が急落した。特に大きく値を下げたのは映画会社のパラマウントやニュース番組のCBSを傘下に持つバイアコムCBSである。当初は、複数の大手投資銀行による株式売却が要因とされたが、その後、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの破綻がトリガーとなったと報道された。同社破綻を受け、野村ホールディングス(HD)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、みずほFGも多額の損失を被る可能性が高い(注)。本稿執筆の4月5日時点では、本件に関して当局による正式発表はなく、アルケゴスに至ってはホームページすら削除した。本稿では、アルケゴスに何が起こったのか、なぜ起こったのか、また何が問題なのかを考察したい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング