新聞の盲点

是か非か、続出する大企業の「資本金1億円」への減資

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

JTBをはじめとする大企業が資本金を1億円以下に減らして税制上の中小企業となるケースが増えている。減資の動きが広がっているのは、税制上の「中小企業」扱いとなれば税負担が軽くなり、多額の節税効果が期待できるためだ。現在の税制では、資本金を1億円以下にする経営上のデメリットはほとんどないとされており、今後も減資の動きは続きそうだ。ただし、「税の公平さを欠く」との問題意識が強まれば、税制の見直し議論に発展する可能性もある。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】