解説

ベンチャー投資の活性化を促す株式型クラウドファンディング

流動性と透明性確保のため、未上場株の相対市場参入を目指す

日本クラウドキャピタル CEO / 柴原 祐希

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本においても認知度が高まってきたクラウドファンディング(CF)には、寄付として資金を提供するのみの類型、返礼として製品・サービスを受け取る類型、株式やファンドを取得する類型などがある。それらのうち、「株式型CF」と呼ばれる形態は、投資家が未上場企業を支援しながらIPOの際の売却益を期待する金融商品であり、ベンチャー企業の新たな資金調達手段として関心が高まりつつある。そこで本稿では、株式型CF誕生の背景や機能を説明するとともに、日本市場における今後の可能性について考えたい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

しばはら ゆうき
09年カリフォルニア大学卒業。12年明治大学大学院修了。大学院での研究テーマは「未上場企業の価値算出」。日本のベンチャー企業の環境発展に身を投じるために、共同代表の大浦学とともに15年日本クラウドキャピタルを設立。日本初の第一種少額電子募集取扱業として、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を提供開始。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【ご連絡】10月19日号は、10月26日号との合併号のため、次回の記事更新は10月30日(11月2日号)になります。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ