特集金融犯罪・マネロンを防げ

継続的な顧客管理措置には顧客の協力が不可欠

「KYCフォーム」の発送・返信で顧客情報をアップデート

三菱UFJ銀行 グローバル金融犯罪対策部 上席調査役 / 西 好昭

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

AML/CFT対策(マネー・ローンダリング/テロ資金供与対策)の態勢整備の中で顧客への影響が大きいのは、「顧客管理(いわゆるKYC=Know Your Customer)」に関する取り組みである。三菱UFJ銀行では、顧客との取引開始(口座開設)時において、「顧客リスク格付けの即時実施」を可能とするシステムを導入して、取引開始の可否を判断している。また、顧客にKYC情報の更新を依頼する「継続的な顧客管理措置」も始めている。金融機関として犯罪収益の移転・テロ資金供与に関わらないよう態勢整備し、大切な顧客を守っていきたい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

にし よしあき
94年東京大学経済学部卒、三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行。05年からコンプライアンス関連部署に所属し、11年からAML/CFT業務に従事。主に犯収法改正やFATF対日審査など、本邦規制への対応を担当。米国ACAMS公認AMLスペシャリスト。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

アクセスランキング