特集金融ニューノーマル 

トップバンクが描くこれからの金融ビジネス

インタビュー

三菱UFJフィナンシャル・グループ 社長 / 亀澤 宏規

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

コロナ禍で取引先の資金繰り支援などに奔走した銀行界。感染拡大への対応を通じて社会のデジタルシフトが急速に進んでおり、銀行経営のデジタル化への取り組みも、各分野でいっそう加速することが求められる。そうした構造変化の中における三菱UFJフィナンシャル・グループの戦略について、今年4月に就任した亀澤宏規社長に聞いた。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

かめざわ ひろのり
84年東京大学理学部卒、86年東京大学大学院理学系修士課程修了、三菱銀行入行。14年三菱UFJフィナンシャル・グループ常務執行役員米州副担当、16年グループCDO、17年執行役常務グループCIO兼グループCDTO、18年執行役専務、19年副社長グループCOO兼グループCDTO。今年4月から現職。