新聞の盲点

銀行間手数料の引き下げで「得」する銀行、「損」する銀行

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

他行為替において被仕向銀行が受け取る「銀行間手数料」が、40年ぶりに引き下げられる。固定された銀行間手数料によって高い振込手数料が維持されており、それがキャッシュレス決済の普及促進の障害になっていることなどが指摘されている。被仕向け超の銀行では銀行間手数料が重要な収益になっているケースもあり、引き下げは収益減に直結する。振込手数料の大幅な引き下げにつながれば、銀行界全体の収益にマイナスの影響をもたらしかねない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】