新聞の盲点

いつまで続く? コロナバブルの行方

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

世界大恐慌以来となる最悪の経済予測が示される一方で、リスク資産への資金流入が続いている。背景にあるのは、各国政府・中央銀行による財政拡大と金融緩和、そして企業の資金繰りを支援する信用緩和だ。あふれる緩和マネーが株式市場をはじめとするリスク資産に流れ込んでおり、ミニバブルの様相を呈している。経済回復ペースの遅れから事実上の財政ファイナンス傾向は一段と強まることが予想され、政策当局は出口戦略に向けて難しいかじ取りを迫られる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【ご連絡】10月19日号は、10月26日号との合併号のため、次回の記事更新は10月30日(11月2日号)になります。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ