新聞の盲点

延期か決行か、さまようコロナ禍の株主総会

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

新型コロナウイルスの感染拡大により決算や監査の作業が進まず、決算発表や株主総会を延期する上場企業が増えている。金融庁や経済産業省は、株主総会の延期やネットを活用した株主総会の手法を提示しているが、その実現にはいずれも乗り越えるべき課題が付きまとう。銀行界では、すでに監査証明が済んでいるところが大半なので、例年どおり6月下旬に株主総会を実施するケースが多いとみられるが、開催に当たっては万全な感染症対策が求められる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●サーバーメンテナンスのお知らせ
    以下の予定でサーバーメンテナンスを行います。メンテナンス作業中においては、ホームページの閲覧等のサービスを一時休止しご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
    <サーバーメンテナンス予定日時>
    6月17日(水)22時00分~6月18日(木)7時00分
     ※時間は24時間表記です。
     ※作業の状況によりましては、終了時間が前後する場合がございます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●サーバーメンテナンスのお知らせ
    以下の予定でサーバーメンテナンスを行います。メンテナンス作業中においては、ホームページの閲覧等のサービスを一時休止しご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
    <サーバーメンテナンス予定日時>
    6月17日(水)22時00分~6月18日(木)7時00分
     ※時間は24時間表記です。
     ※作業の状況によりましては、終了時間が前後する場合がございます。

アクセスランキング