解説

金融領域で実装に近づくブロックチェーン技術

中国ではEC分野で目立った成果、日本では証券決済業務での開発が先行

レイヤーX CEO / 福島 良典

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

デジタル化(DX)の波がすべての産業に押し寄せてきている。DXは既存業務のコストを低下させ、新しい価値を生み出すなど、各産業に大きなインパクトをもたらす。DXを推進するのはクラウドやビッグデータ、人工知能といった多数の基盤技術の組合せだが、とりわけ「重い産業」である金融業界においては、分散型台帳技術のブロックチェーン(BC)に期待が寄せられている。ただし、実際にBCの活用事例を目にする機会はまだ多くないと思われる。本稿では、BCが真価を発揮する場面と海外における事例、今後の展望について紹介したい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ふくしま よしのり
12年東京大学大学院工学系研究科に在籍中にニュースキュレーションアプリを手掛けるGunosy(グノシー)を創業し、15年東証マザーズ上場、17年東証一部に市場変更。18年エニーペイと共同でブロックチェーン技術の研究開発を行うLayerX(レイヤーX)を創業し、19年MBOで事業譲受。ブロックチェーンのトークンコンサルやコード監査、マイニングを手掛けている。日本ブロックチェーン協会理事。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

アクセスランキング