解説

本邦リスクマネジメント実務家の意識調査(第4回)

リスクガバナンスに向けた取組みが進展するが、業態差も浮き彫りに

東京リスクマネジャー懇談会共同代表/みずほ証券 常務取締役リスク管理グループ長 / 藤井 健司

東京リスクマネジャー懇談会共同代表/キャピタスコンサルティング 代表取締役 / 森本 祐司

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本のリスクマネジメントの実務家からなる東京リスクマネジャー懇談会は、金融機関のリスクマネジメント態勢整備状況についてのサーベイを実施した。そこでは、規制強化対応に忙殺されながら、態勢整備に向けて悩むリスクマネジャー像が浮かび上がってくる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ふじい けんじ
東京大学経済学部卒。ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。東京リスクマネジャー懇談会共同代表。81年日本長期信用銀行に入行。04年UFJ銀行総合リスク管理部長、07年あおぞら銀行専務執行役員を経て08年から現職。17年常務取締役就任。

もりもと ゆうじ
東京大学理学部卒。マサチューセッツ工科大学経営学修士。東京リスクマネジャー懇談会共同代表。東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)に入社。モルガンスタンレー証券等を経て、07年にキャピタスコンサルティングを設立し代表取締役に就任。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】