解説

「専門家プラットフォーム」の形成で地域内エコシステムを構築

地域の高度な専門知識を連携させ、福島県経済の再生を目指す

とうほう地域総合研究所 理事長 / 矢吹 光一

とうほう地域総合研究所 担当部長/コンサルタント / 高野 浩一

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

福島県を地盤とする東邦銀行グループのシンクタンク「とうほう地域総合研究所」は、専門的でかつ高度なコンサルティングサービスを展開する「専門家プラットフォーム」を形成した。地銀系シンクタンク内に専門家集団を組織化して設置するという今回の新しい取り組みは、人口減少で急速に厳しさを増す福島県経済の再生に向けた「オール福島」の挑戦である。本稿では、その狙いや今後の展望を紹介する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

やぶき こういち
86年東邦銀行入行。法人向け融資、経営支援業務等を担当し、02年から事業再生業務に従事。11年4月から融資管理部担当部長兼融資部経営支援担当部長として、東日本大震災および福島第一原子力発電所事故により被災した取引先の復興・再生支援に従事。16年執行役員総合融資部長、19年常務執行役員を経て、22年6月から現職。同年8月から東邦コンサルティングパートナーズ代表取締役社長。金融庁参事(地域金融・事業再生シニアアドバイザー)。

たかの こういち
96年東邦銀行入行。総合企画部に長年在籍後、ファンシー雑貨小売企業の執行役員経営企画部長や野村証券公開引受部におけるIPOコンサルを経験。19年から株式会社セキュアのIPOエヴァンジェリストに就任し、21年12月の同社マザーズ上場を支援。22年4月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】