解説これだけでわかる! 注目の経済ニュース

Web限定

市場に求められる覚悟――米利上げの厳しさは「これから始まる」

第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト / 熊野 英生

投稿日2022.11.04. / 週刊金融財政事情

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

米利上げの先行きは、引き続き厳しいものになると覚悟しておいた方がよい。11月の連邦公開市場委員会(FOMC)は、たとえ利上げペースが0.75%ずつではなくても、最終的な政策金利水準、つまり「ターミナルレート」が上がることを示唆した。米国で急速に進むインフレの背景に、巨大に膨らんだままのマネーストックがある点を忘れてはならない。米国の利上げはもっと高い水準まで行われ、かつ長期間にわたって継続されるだろう。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

くまの ひでお
90年横浜国立大学経済学部卒、日本銀行入行。00年第一生命経済研究所入社。11年から現職。専門は金融政策、財政政策、為替・長短金利、経済統計。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】