解説

【緊急解説】英国発、市場混乱の全容とトラス政権の失態

「中期財政計画と経済・財政見通し」に注目

三井住友DSアセットマネジメント チーフマーケットストラテジスト / 市川 雅浩

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

英国で、トラス政権の大規模な減税策をきっかけに金融市場の混乱が続く。英国の中央銀行であるイングランド銀行(BOE)が急遽、英国債を一時的に購入する政策を発表したほか、トラス政権も所得減税や法人増税の凍結方針を撤回するなど、看板政策である大型減税の修正に追い込まれている。本稿では、今回の混乱の経緯を振り返り、トラス政権の問題点を列挙しつつ、市場を落ち着かせるためには何が必要で、英国市場の混乱が他国・地域に波及する恐れはあるのかということについて考察する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

いちかわ まさひろ
旧東京銀行(現三菱UFJ銀行)で為替業務、市場調査業務に従事後、米系銀行で市場調査業務を担当。15年1月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】