インタビュー

顧客本位の業務運営は「力を入れてモニタリングする」

NISAの抜本的拡充を資産所得倍増の原動力に

金融庁 長官 / 中島 淳一

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2020年に始まったコロナ禍は一定の落ち着きを見せているものの、ロシアによるウクライナ侵攻や海外の金利上昇などから、世界的にマーケットや経済の状況が混迷の度合いを増している。国内的にはポストコロナを見据えて、企業の経営改善や事業再構築が急がれるほか、政府が年末にまとめる「資産所得倍増プラン」の実現に向けて、積年の課題である「貯蓄から投資へ」の動きを本格化させることも重要課題の一つになっている。金融庁はこうした課題にどう向き合い、どのような施策を講じていくのか。長官として2年目に入った中島淳一氏に今後の金融行政について聞いた。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

なかじま じゅんいち
85年東京大学工学部卒、大蔵省入省。16年金融庁総務企画局審議官、18年総括審議官、19年企画市場局長、20年総合政策局長、21年7月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】