解説

日本銀行2022年度考査の実施方針と要点解説

感染症や海外金利の上昇も踏まえリスク管理状況等を確認

日本銀行 金融機構局 考査企画課 課長 / 藤原 茂章

日本銀行 金融機構局 考査企画課 考査企画グループ長 / 渡辺 成行

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2022年度の考査では、信用リスクに関し、感染症のビジネスへの累積的な影響のほか、返済に伴う債務者企業の資金繰りへの影響等を点検する。市場リスクに関しては、地政学的リスクの高まりや海外金利の上昇が見られる中で、リスクテイクに応じたリスク管理の状況を確認する。金融システムを取り巻く環境の変化を踏まえ、考査とオフサイトモニタリングの一体的運用の強化に努めるほか、リスクベースアプローチに基づき、金融機関の負担軽減と考査運営の一層の効率性向上を図るため、一部の地域金融機関に「短期考査」を導入する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ふじわら しげあき
99年日本銀行入行。金融機構局、大阪支店、金融市場局、企画局などを経て、21年6月から現職。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了、ロンドンビジネススクール・ファイナンス修士課程修了。

わたなべ しげゆき
99年日本銀行入行。発券局、金融庁総務企画局、決済機構局などを経て、21年7月から現職。東京大学法学部卒、ハーバードロースクール修了。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。