特集秩序を変える「組み込み型金融」

BaaS機能を活用したNTTドコモのデジタル金融サービス

〈インタビュー〉「dポイント」でお得を還元し、ドコモユーザーが「使わないと損」する口座に

NTTドコモ 金融ビジネス部 FinTech推進室 担当部長 / 進藤 丈二

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

NTTドコモは、三菱UFJ銀行が提供するBaaS(Banking as a Service)機能を活用し、2022年中に自社のユーザー向けにデジタル金融サービスを始める。銀行口座サービスのほか、住宅ローンや投資サービスの提供も予定している。携帯キャリアの銀行サービスとしては後発となるが、「dポイント付与をメリットに、数百万のユーザー獲得を目指す」としており、8,700万人もの顧客基盤を持つ「巨人」がついに動き出す。どのような展望を描いているのか。プロジェクト責任者の進藤丈二担当部長に話を聞いた。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

しんどう じょうじ
大阪大学大学院卒、03年NTTドコモ入社。NFC/フェリカ関連サービス開発や、現職の前身組織にて金融・決済領域の事業創出を担当。その後、日本電信電話への転籍出向を経て、20年から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。