インタビュー

台湾有事に備え、支援国の拡大と連帯強化を急げ

日本の安全保障戦略は修正を迫られている

自民党 参議院議員 / 佐藤 正久

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

ロシアによるウクライナ侵略を巡って、中国はロシアの戦略的パートナーとして連携を強める姿勢をとっている。ここで懸念されるのは、ロシアに恩を売った中国が、代わりにロシアの軍事技術を入手することだ。すでに中国は軍事技術に関するあらゆる情報を収集しており、中国軍の近代化がさらに加速しかねない。習近平主席の4期目がかかる2027年に向けて、台湾有事の蓋然性が高まっている。中国による台湾統一に向けた工作はすでに始まっており、台湾有事が起きた場合には「日本有事」になることを、日本人は強く認識すべきだ。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

さとう まさひさ
防衛大学校卒、米陸軍指揮幕僚大学卒。自衛隊イラク派遣では先遣隊長、第一次復興業務支援隊長を務める。07年退官。同年参議院議員選挙に自由民主党全国比例区から立候補し、初当選。以来、当選3回。参議院外交防衛委員会理事、防衛大臣政務官、外務副大臣などを歴任。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。