インタビュー《フォルティッシモ》三井物産デジタル・アセットマネジメント 上野 貴司 社長

目指すはスマホで容易に投資できる個人向けデジタル証券市場

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

三井物産はスタートアップのレイヤーXなどと組み、不動産やインフラを裏付け資産にした「デジタル証券」の発行事業を開始した。デジタル証券は「セキュリティートークン」と呼ばれ、ブロックチェーン上で証券の発行・管理を行う。「5〜10年内に残高を1兆円まで積み上げたい」と意欲を見せる上野貴司社長に、今後の展開や抱負を聞いた。(編集部)

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

うえの たかし
京都大学大学院工学研究科修士、一橋大学大学院国際企業戦略研究科(MBA)。00年三井物産入社。三井物産・イデラパートナーズ取締役CFOなどを経て、20年から現職。上場リートの資産運用会社2社を含め、計4社の会社設立に携わる。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】