特集分散型金融(DeFi)の正体

浮き彫りになる課題、検討が進む規制の方向性

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

分散型金融に対する規制・監督に向けた議論が本格化している。分散型金融では、ブロックチェーンを活用した「DeFi」と呼ばれる金融サービスが普及し始めている一方で、マネー・ローンダリングへの対応や利用者保護などの課題も浮き彫りになっている。分散型金融やDeFiの発展可能性を展望するとともに、黎明期における規制・監督の在り方を考える。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】