特集ポストコロナの事業者支援

鮮明になる「K字回復」、無利子融資の返済開始で倒産急増も

コロナ禍が長引くにつれ、関連倒産の上位業種に変化が起きている

帝国データバンク 東京支社情報統括部 情報取材課 課長 / 丸山 昌吾

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

新型コロナウイルスの感染者が日本国内で確認されてから2年近くが経過しようとしている。この期間における当社の「TDB景気動向調査」によれば、コロナ禍の影響は全業種の事業者に及んだが、その影響度合いは異なる。また、政府や自治体の支援もあって倒産件数は低水準だが、今後、業績の回復が見込めない場合は休廃業・解散件数が増加に転じる恐れもある。景気DIからコロナ禍における企業の動向について考察し、今後に求められる視点を述べたい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

まるやま しょうご
93年に入社。横浜支店調査部に配属となり、約11年間にわたってさまざまな業界の企業に対する信用調査を実施。06年から横浜支店情報部に転じ、リーマンショック後の倒産多発時には数々の破綻企業の取材を行った。13年4月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】