解説

地銀人材はDXを身に付け、地域製造業のCEOを目指せ

現場頼りの技術を「見える化」し、地域全体の価値向上につなげよ

野村総合研究所 産業デジタル企画部 主席研究員 / 藤野 直明

社会システムコンサルティング部 上級コンサルタント / 梶野 真弘

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本の地域製造業は優れた技術を有している。しかし、その技術はえてして現場の経験と勘に支えられているため、容易に継承・移転できず、事業拡大のチャンスを逸している。デジタルトランスフォーメーション(DX)を活用した技術・ノウハウの「形式知化」「組織知化」が急務だが、地域製造業の経営者は高齢化が進み、DXを理解できる人材は不足している。そこで本稿では、地域の優秀な人材が集まる地銀のバンカーがDXを学び、地域製造業のCEOとなるための具体的なアイディアを提唱したい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】