解説

金融庁「顧客本位の業務運営のモニタリング結果」の要点解説

長期分散投資の実効性を高める「提案プロセス」の実践を

金融庁 総合政策局 コンダクト企画室 リスク性金融商品販売モニタリングチーム長 兼 主任特別官 / 山本 悦章

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

投資信託を始めとするリスク性金融商品の預かり資産残高が伸び悩んでいる現状を踏まえ、金融庁は6月30日、「投資信託等の販売会社による顧客本位の業務運営のモニタリング結果について」を公表した。本稿では、金融庁が金融機関の顧客に対して実施した意識調査の結果や販売会社の体制面の状況に触れながら、今後のモニタリングなどの重要ポイントについて説明する。なお、本稿の意見に係る部分は筆者の個人的見解であり、所属組織の見解を示すものではない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

やまもと よしあき
14年7月金融庁検査局市場業務等モニタリングチーム(FD担当)金融証券検査官、15年7月同専門検査官を経て、21年1月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】