特集ITガバナンス 緊急点検

SMBCグループが実践する「両利き」のITガバナンス

経営・業務・ITの各部門戦略を三位一体で運営

三井住友フィナンシャルグループ 執行役専務 グループCIO / 増田 正治

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)は、経営ビジョンとして「最高の信頼を通じて、お客さま・社会とともに発展するグローバルソリューションプロバイダー」を掲げている。この実現に向けて、グループ一体となって「情報産業化」「プラットフォーマー化」「ソリューションプロバイダー化」を進めている最中だ。本稿では、金融機関に求められるITガバナンス像について触れつつ、当グループのITガバナンス体制や監査手法を紹介したい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ますだ しょうじ
87年一橋大学法学部卒、住友銀行(現三井住友銀行)入行。14年三井住友フィナンシャルグループIT企画部長、18年常務執行役員事務統括部長、19年グループCIOを経て、20年4月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】