特集脱炭素革命、立ち向かう日本

総力戦で勝機を探る「脱炭素マネー」争奪戦

3,000兆円にも及ぶ世界のESGマネーを日本に呼び込めるか
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

6月11日から13日にかけて、英コーンウォールで開催された先進7カ国首脳会議(G7サミット)。各国首脳は、それぞれの国が掲げる「温室効果ガス排出量──2050年までに実質ゼロ」とする目標を確認し、その実現に向けて結束していくことを表明した。ただし、その実現を手繰り寄せるのは極めて難しい作業だ。歴史的な技術開発を成し遂げなければならず、なにより莫大な投資資金が必要になる。一方で、いち早く技術開発にこぎ着ければ大きなビジネスチャンスになることから、「実質ゼロ」の実現に必要な資金を自国に呼び込む「脱炭素マネー」争奪戦が始まっている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】