解説

地銀はDXで自らの存在意義を再定義せよ

地域経済・社会の活性化への「能動的な」貢献に向けて

アクセンチュア ビジネスコンサルティング本部 マネジング・ディレクター / 粟倉 万統

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

長引く低金利と人口減少、異業種参入などにより、地銀の経営環境は厳しさを増している。今求められるのは再編による延命策ではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)によるビジネスモデルの変革である。本稿では、DXの概念や事例を紹介しつつ、地銀が再び成長軌道に乗るためのヒントを示したい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

あわくら たかつな
15年以上にわたり、銀行・ペイメント業界における中長期経営計画策定、DX支援、デジタル・ディスラプト戦略、事業戦略立案、全社構造改革、統合支援などのコンサルティングに従事。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】