特集出でよ! 日本の金融プラットフォーマー

日本発プラットフォーマーが成長し得る法制度の在り方

公正な競争環境確保と規制緩和の双方が不可欠

英知法律事務所 パートナー弁護士 / 森 亮二

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

GAFAに代表される国際的プラットフォーム事業者の戦略は、コンテンツの魅力を高めてユーザーデータを取得し、これを囲い込んで利用することにある。こうしたなか、日本発のプラットフォーム事業者が世界で通用する競争力を持つには、どのような法規制の在り方が望ましいか。国内におけるプラットフォーム規制の経緯を踏まえ(注1)、「公平な競争環境確保」と「規制緩和」をキーワードに考察する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

もり りょうじ
東京大学法学部卒、ペンシルベニア大学ロースクール卒。内閣官房「個人情報保護制度の見直しに関する検討会」委員、総務省「プラットフォームサービスに関する研究会」委員、総務省「情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会」委員。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング