新聞の盲点

りそなの投信絞り込みに見る顧客本位とその責任

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

店頭で取り扱う投資信託の商品ラインアップを大幅に絞り込んだりそな銀行と埼玉りそな銀行。銀行店舗を訪れる顧客層を踏まえて「分かりやすさ」を重視した見直しであり、販売担当者の負担軽減も期待できる。他方、足元の市場環境なども踏まえつつ、限られた投信本数で顧客のニーズに応えていくのは容易ではない。分かりやすさと引き換えに顧客の選択肢を限定する以上、選定理由などの明確化はもちろんのこと、良い商品を選ぶ「目利き」がいっそう重要になる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング