新聞の盲点

資金移動業者が劣勢に立つ全銀ネット「タスクフォース」議論

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

少額決済の新たなシステム整備や、資金移動業者の全銀システムへの直接接続などを検討する全銀ネットの「次世代資金決済システムに関する検討タスクフォース」の議論が、新たな展開を見せている。議論の発端は、政府が資金移動業者アカウントへのチャージ(口座振替)に係る費用の高さなどに目を付けたことにあり、資金移動業者が優位に立つ展開が予想されていた。ところが、コロナ禍やドコモ口座問題を受けて、銀行優位で議論が決着する勢いだ。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【ご連絡】10月19日号は、10月26日号との合併号のため、次回の記事更新は10月30日(11月2日号)になります。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ