新聞の盲点

店舗削減や通帳廃止のブレーキとなる「不正チャージ被害」対策

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

「ドコモ口座」で発覚した口座振替によるキャッシュレス決済サービスへの不正チャージ被害は、他社サービスでも相次ぎ、パンドラの箱を開けたような事態へと発展した。さらに、SBI証券の口座から銀行の偽造口座に不正に資金が送金された事件では、偽の運転免許証などを利用して銀行口座が開設された疑いが浮上している。これらの対策は焦眉の急を要するが、対策を講じるほどキャッシュレス化やデジタル化の流れを失速させるジレンマに陥ってしまう。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【ご連絡】10月19日号は、10月26日号との合併号のため、次回の記事更新は10月30日(11月2日号)になります。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ