インタビュー

日本で「デジタルバンク」という新たな領域を切り開く

みんなの銀行設立準備会社 代表(ふくおかフィナンシャルグループ 取締役) / 横田 浩二

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2020年度に開業を予定している「みんなの銀行」は、主な顧客層として若い世代を想定している。銀行の未来を考えるなら、これから増加していくデジタルネイティブ世代の基準や行動にマッチした銀行をつくるべきであり、スマートフォンに特化した金融サービスを提供していく。従来の枠組みにとらわれない、デジタルな発想に基づいた銀行を立ち上げ、日本初の「デジタルバンク」を目指したい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

よこた こうじ
82年福岡銀行入行、11年執行役員営業推進部長兼FFG執行役員営業企画部長、13年福岡銀行常務執行役員、14年取締役常務執行役員。17年6月からFFG取締役執行役員(現任)。19年からみんなの銀行設立準備会社代表を兼務。