新聞の盲点

「10万円給付」の遅れで問われるプッシュ型行政への転換

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

全国民に10万円を給付する特別定額給付金の支給の遅れが、マイナンバーと預貯金口座のひも付けの議論に発展している。今回の対応を見ても、オンライン申請なのに振込先の口座番号を紙に打ち出して自治体職員が読み合わせするなど、迅速な支給には程遠い状況だ。マイナンバーと預貯金口座が連結されれば支給のスピードは格段に速まるが、国に資産状況を把握されることへの警戒も高まる。「プッシュ型」行政への転換には、国民の理解をどう取り付けるかがカギになる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】