特集検査・考査の新しいかたち

英国を参考に検査・考査の「一元化」を目指せ

日銀内に金融庁機能を独立させる組織体制

プロモントリー・ファイナンシャル・ジャパン CEO / 大山 剛

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

金融機関を取り巻くマクロ環境の不確実性が高まると同時に、金融機関のリスクプロファイルが複雑化している。そうしたなか、プルーデンス政策での金融庁と日本銀行間の連携強化による検査と考査の「一体化」、さらには金融庁と日本銀行金融機構局とを統合する「一元化」の必要性が高まっている。本稿では、検査・考査の一体化や一元化のメリットとデメリットを明確にした上で、金融界の新しい官的システムの方向性を提言する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おおやま つよし
85年一橋大学経済学部卒、日本銀行入行。マクロ経済分析を担当、統括。国際通貨基金政策開発局出向。以降08年6月まで日本銀行金融機構局参事役。その後は大手コンサルティング会社で、主要金融機関や事業法人に対するリスク管理(特にストレステスティングの高度化やリスクアペタイト・フレームワークの構築)に係るコンサルティング・セクションを統括。19年3月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】●サーバーのOSアップデートを伴うメンテナンスのため、下記の期間、当サイトの閲覧ができなくなります。皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    11/2(火)午前0時~午前10時

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】●サーバーのOSアップデートを伴うメンテナンスのため、下記の期間、当サイトの閲覧ができなくなります。皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    11/2(火)午前0時~午前10時

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング