新聞の盲点

好調な米国市場に不穏なシグナル点灯、「波乱相場」の前兆か

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

米連邦準備制度理事会(FRB)は好調な景気と急速な雇用回復を受けて、資産購入の規模を縮小させていくテーパリングを年内に開始する方針を示した。しかし、足元では、新型コロナウイルス「デルタ株」の感染拡大によって、景気減速懸念が急速に高まり始めている。米国の株式や債券市場には、「ショックの前触れ」ともいわれる現象も見られる。ようやく金融正常化への道が開けた米国市場だが、「波乱の秋」を迎えるかもしれない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】