解説

「中小企業活性化パッケージNEXT」の狙いとポイント

資金繰り支援の継続・拡充を図りつつ、総合支援策を拡充

中小企業庁 事業環境部 金融課 課長補佐 / 森本 卓也

中小企業庁 事業環境部 金融課 課長補佐 / 古川 せひろ

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

経済産業省・金融庁・財務省は今年9月8日、「中小企業活性化パッケージ」(今年3月4日公表)をさらに発展させた「中小企業活性化パッケージNEXT」を公表した。本パッケージは、経済環境の変化を踏まえた資金繰り支援の拡充や中小企業の収益力改善・事業再生・再チャレンジを促す総合的な支援策のさらなる加速を目指したものだ。本稿では、その狙いとポイントについて解説する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

もりもと たくや
経済産業省に入省後、カーボンニュートラルを含むエネルギー政策、産業人材政策の立案に従事。現在は、中小企業活性化パッケージなど、中小企業金融に関する政策立案を担当。

ふるかわ せひろ
事業再生分野に興味を持ち阿部・井窪・片山法律事務所に入所。以降、中小企業の事業再生を中心として広く企業法務全般に従事。自身の経験を中小企業の事業再生に関する施策に役立てたいと考え、中小企業庁への出向を希望。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】