インタビュー《フォルティッシモ》オンアド 田部 久貴 社長

アドバイスの対価だけを収益源とする投資助言会社に手応え

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

野村ホールディングス(HD)と、TSUBASAアライアンスの参加行である千葉銀行、第四北越銀行、中国銀行が共同出資(注)で立ち上げた投資助言会社のオンアドが、4月1日にサービスを開始した。同社の特徴は、資産形成や金融商品に関するアドバイスフィーを唯一の収益源としている点だ。オンアドの田部久貴社長は、アドバイスの対価だけを収益源とするビジネスは、新たなビジネスモデルへの「挑戦」だと語る。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

たべ ひさたか
03年慶應義塾大学理工学部卒、野村証券入社。約18年間営業部門にて営業職を中心に業務を担い、19年八戸支店長、21年営業企画部、22年1月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。